第467回2018年12月例会のお知らせ

 

テーマ

『ビジネスの限界はアートで超えろ!』
〜デザイン思考に続いて、語られ始めているアートシンキングの必要性とは〜


概要

今アメリカではMBAより、MFA(美術学修士)を持っている人材が重宝されています。
不景気だがモノだけはあふれ続ける世の中で、魅力的な商品を生み出すには、デザイン性・アート性が鍵となり、ビジネスにおいても、全体を直感的に捉えることのできる感性や、課題を独自の視点で発見し、創造的に解決する力の重要性が日増しに高まってきています。
今まで我々は、左脳が主につかさどるロジカルシンキングを鍛えてきました。論理が持つ力ももちろん重要ですが、これからの二十一世紀をしなやかに生き抜いていくためには、アートが持つ感性の力も同じぐらいに重要なはずです。
本講演では、さまざまな事例を交えながら、みなさんが日々対峙しているビジネスと、日頃あまり接することのないアートの相互関係について探っていきます。。

みなさまのご来場をお待ちいたしております。

※会終了後、懇親会(忘年会)を開催します。

講 師

アート・アンド・ロジック株式会社 代表 増村 岳史 氏

日 時

2018年12月14日(金) 午後18:30〜20:00まで

会 場

株式会社モリサワ 東京本社

■住所:東京都新宿区下宮比町2-27  TEL:03-3267-1255

■交通:JR飯田橋駅東口下車 徒歩3分

会 費
 1,000円    

参加ご希望の方はこちらの申込みフォームよりお申込みください


 


to Home

to
印刷技術懇談会とは
ingikon@cup.com
last updated 10/09/01